女性育毛剤の使用上の注意

女性育毛剤の使用上の注意

若い女性

女性の薄毛の原因は、ほとんどの場合ホルモンバランスの乱れや頭皮の乾燥なので、男性の薄毛とは根本的に異なるため配合されている成分が違います。

 

ですので女性育毛剤というのは、基本的に副作用があると言われているミノキシジルやフィナステリドなどは配合されていませんから、有効成分の副作用に対して心配する必要はありません。ただし、だからと言って適当な使い方をすると、トラブルが起こることがあるので注意が必要です。

 

まず使用する上では、当たり前ですが説明書に書いてある使用上の注意をきちんと確認しましょう。一般的には頭皮を刺激する成分は含まれていないので安心ですが、もし頭皮に発疹や炎症が起こっている場合は、有効成分であっても刺激になってしまうことがあります。トラブルが起きている部分に刺激を与えれば、例え育毛剤であっても症状を悪化させてしまうことがあるので、使用する時は頭皮の状態をチェックしてください。

 

また、特にトラブルがないとしても、カラーリングをしたりパーマをかけたりした後は肌が敏感になっています。普段は使っても何も問題がない育毛剤でも、肌が敏感になっているときにはトラブルが発生しやすいので気をつけてください。

 

これは月経前後にも言えることで、この時期はホルモンバランスが崩れているため、頭皮の状態も変わりやすいです。月経の時期に吹き出物ができたり、肌が異常に乾燥するという方は、頭皮も同じ状態になっているかもしれないので、一部分だけつけてみて異常がないか確かめてから使うようにすると安心です。

 

そして、女性ならではの注意なのですが、爪が伸びている場合も気をつけてください。育毛剤の効果的な使い方として、マッサージをして血行を促進しながらつけるということが挙げられますが、爪が伸びたままマッサージをすると頭皮を傷つけてしまう恐れがあります

 

抜け毛や薄毛というのは、毛根組織が何らかのダメージを受けて引き起こされるものです。もし引っ掻いたりして傷つけてしまうと、毛根組織により大きなダメージを与えてしまうことになります。いくら育毛剤の有効成分が浸透したとしても、髪の成長の元となる毛根組織の機能が活性化しなければ育毛効果を得ることはできません。

 

ですので、マッサージをするときは爪で傷をつけないように、もしネイルなどをしている場合は、頭皮用ブラシなどを使って傷つけないように注意してください。せっかく育毛剤を使うのですから、きちんと効果が出るようにダメージをこれ以上与えることなくケアしていきましょう。

女性増毛ランキング